精液の質を良くしたい人が、なぜ亜鉛を摂らないのか?

精液を作るとは?

妊活を行なっている男性なら、精液の質を良くしたり量を増やす努力をしたいと考えているはずです。しかし意外と見逃しがちなのが食生活の中で亜鉛を摂取することなのです。なぜ亜鉛は栄養素の中で軽視してしまうのか、そして摂取する意味、解消方法などを紹介しましょう。

 

そもそも精液を増やす方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

・ 亜鉛を摂取する
・ たんぱく質を吸収しやすいムチンを摂取
・ アミノ酸が多い食品を摂る
・ ビタミンEで血流を良くする

 

など食生活の改善が第一に考えられます。精液は毎日食べたもので作られるため、バランスの良い食事が不可欠です。その中でも精液の材料となるたんぱく質やそれを合成する亜鉛は必須となります。そのほかには血流を良くし精液の生成を促すビタミンEなども摂っておくと良いでしょう。

 

日本人の平均的な精液の量は10CC程度と欧米人より少し少ない傾向があります。日本人より欧米人のほうがたんぱく質や亜鉛を積極的に摂っている人が多いからだと考えられます。日本人も食事が欧米食に近くはなっていますが、主食がお米であるため亜鉛の吸収量は多少落ちてしまうのです。

 

また、もともと土壌にミネラルが少なく、きちんと食事をしているつもりでも亜鉛は不足しがちで、精液を作る材料が足りていないといえます。

現代人はなぜ精液が少ないのか?

日本の現代人は精液が少ないと感じている人が多いようです。ストレス社会により活性酸素が多く体内に発生していたり、忙しく食生活を整えることができない人が多いなどの理由があります。精液を増やすためにはまず悪循環になっているものを経つ必要があるのです。

 

・ 禁煙をする
・ 過度な飲酒は避ける
・ 睡眠は適度に取る
・ ストレスを上手く解消する

 

食生活以外ではこれらの原因を取り除かなければなりません。食事でたんぱく質や亜鉛を摂るのももちろん重要ですが、規則正しい食事をしても改善しない方はこれらの原因を少しずつ取り除きましょう。

 

喫煙習慣は様々な悪影響があることはわかるのではないでしょうか。タバコを吸うと血管が収縮し、精液を作るために必要となる血流が悪くなります。精液が少ない人は末端冷え症の人も多くなっています。

 

飲酒は適度な量ならストレス発散にも繋がります。しかし過度な量は体に悪影響を与えますし、飲酒が多ければ食生活も乱れてしまうためおすすめできません。

 

睡眠は成長ホルモンを分泌させ体を回復させるために必要です。たんぱく質や亜鉛を摂り適度な睡眠時間を心掛けていれば自然と精液の量は回復していきます。

 

ストレスも血流を妨げたり、活性酸素のダメージの原因となるため上手く解消していくようにしましょう。

 

男性不妊についてもっと知りたい!

関連サイト

男性不妊・・・亜鉛サプリが男性不妊に効果がある事について詳しく説明します。これで妊活は完璧!

精液を増やすためにできる2つの要素

精液を増やしたい、質を改善したいと考えるならまず2つの要素について改善することをおすすめします。最初からあれもこれも実践しようとしても続かないため、精液を作るために重要となる2つの要素を重点的に徹底するようにしましょう。

 

・ 適度な運動を心掛ける
・ 食事を改善する

 

最低限でもこの2つは実行することをおすすめします。なぜなら働き盛りの男性は日常生活で多くのストレスを感じているからで、運動は精神的・肉体的なストレスを改善するために役立ちます。ストレス改善は何もリラックスするだけではないのです。

 

運動をすれば適度な筋肉が付いて血流も良くなりますし、精液を作るための栄養も届けられやすくなります。運動は1日合計で30分でも構いません。忙しい現代人はまとめて運動するのが難しいこともありますから、朝の通勤で15分、夜の帰宅で15分など分割すると続けられます。

 

次に食事の改善ですが、精液を作るのは食べたものに含まれる栄養が絶対に必要だからです。バランスの良い食事をベースに、亜鉛の量が多い動物性たんぱく質の食材を積極的に取り入れましょう。亜鉛はたんぱく質の合成に必要となる成分となるため、不足すれば精液も新しくつくられません。

 

男性不妊についてもっと知りたい!